理想の二重はつくれる|二重整形で気をつけておきたいこと【自分に合っている方法を選ぶ】

理想の二重はつくれる

目元に触れる女性

施術の特徴とは

小さな目を大きく見せたい、そんな願いを叶えてくれる施術が二重整形です。美容整形の中で大変人気の施術であり、現在多くの人が施術を受けています。二重整形には埋没法と切開法という二つの施術の方法があります。埋没法はメスを使わず医療用の針と糸を使用した施術であり、瞼を糸で数箇所留めて二重を形成する方法です。メスを使った施術よりも腫れやダウンタイムが少なく、抜糸をする必要もありません。腫れても大きな腫れは2〜3日程度で治まり、徐々に安定した二重ラインが出来上がります。切開法は切開する範囲の違いにより全切開と部分切開に分かれます。全切開は目頭から目尻まで3cm程切開しますが、しっかり二重ラインをつくることが出来、埋没法の様に施術後何年経っても取れる心配がありません。部分切開は目尻から目頭までの間を数ミリから1cm程度切開して二重をつくります。全切開と同様に二重ラインが取れにくい施術ですが、年を取って瞼がたるむと二重幅が狭くなってしまう場合もあるでしょう。この様に二重整形の埋没法と切開法にはそれぞれ特徴があります。二重整形する場合、二重にも種類があります。日本人の目は一重や奥二重の人が多くなっていますが、そんな目元を自然な二重にするには末広型の瞼がおすすめです。末広型は目頭から目尻にかけて広がっていく二重ラインであり、一番自然な仕上がりをつくることが出来るでしょう。それに対して二重ラインが平行につくられる平行型はぱっちりとした大きな目をつくりたい方におすすめです。平行型の場合、埋没法で広めの幅をつくると糸が緩んでしまう場合も多くある為、広めの幅を取りたい場合は切開法が良いでしょう。また、顔の形などにより合う二重ラインというものが異なるので、カウンセリングの際にじっくりシミュレーションをしてドクターと理想のラインをどのラインにするのか考えましょう。二重整形をすることで、目元の印象を華やかにすることが出来ます。すっぴんは人に見せられなかった人でも、メイクなしでもはっきりとした目元を手に入れることが出来るでしょう。目の形が気になる方は相談してみましょう。

Copyright© 2018 二重整形で気をつけておきたいこと【自分に合っている方法を選ぶ】 All Rights Reserved.